読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホワイトの成長日記

低スぺ一般人がナンパに出会って人生逆転する話(仮)

初アポ

2016年12月某日
いつもの街 M山 

最近スタバができた街 M山
右乳首と左乳首が入れ替わらない街 M山
性器が出し入れされる街 M山
クラナンができない街 M山
 
この日は、 今は亡きあの御方にお願いして、コンビで声かけをしていた
 
あれいこう
オッケーっす

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:sokusokupiman:20170116233146j:image
 
  
 チョリースでオープンする街M山
 
 
 
 
 
 
 
 番ゲ
 
 
 
数日後(ラインにて)
飲みにいこう
出会って2、3日のナンパ野郎と行くわけないでしょうが!
 
でも、送ったラインは返ってくるし、すれてない良い子だったので、使い古されたティッシュ並に役に立たない僕のラインメンテでもアポを取ることができた
 
 
2017年1月某日
17時30分、用事を終えた僕はアポのための準備を始めた
ちゃんと服を着て、髪をセットすれば、スト値2ぐらいの自分になれる
この瞬間の自分は結構好きだ 
 
 
18時30分
いつもの街M山
終電が22時台の街M山
既セクにすれ違う街M山
バーナンができない街M山 
街に出れば緊張感が高まってくる
さぁ、19ぜ!
 
 
 
恋愛トークになると少し顔が曇る、何かを隠しているアポ子

f:id:sokusokupiman:20170116233219j:image
 
 
 
そう

f:id:sokusokupiman:20170116233222j:image
 
 
 
 
 

 
 
だったら俺が奪ってる
 f:id:sokusokupiman:20170116233231p:image
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
冷たい空気が我慢汁で濡れた僕の股間を凍らせた